土壌水分計を使うと初心者でも育てやすくなる

植物にはそれぞれに育てるのに適した水分量があります。やり過ぎても腐ったり虫が湧いてしまうし、足りなければ干からびてしまいます。適切な量を知る為にはある程度環境を調べる必要があります。土壌水分計は土壌の水分量を数値化して量ることにより、その土壌に合う植物を調べたり、植えた植物に適した水分量をあげる為の計算に役立てることが出来ます。表面上では分からない土の中に差し込むことにより水やりの回数や量などのスケジュール管理がしやすいのが特徴です。土壌水分計は植物を育てる際に陥りがちな水の上げすぎを防ぐことが出来るので初心者にも使いやすいものになっています。きちんと水をやったつもりでも、その時の水の流れや、気候や植物のコンディションによって適量は変わってくるものなので毎回確認して植物と向き合って育ててゆくことはとても大切なことです。

土壌水分計を使うことによるメリット

土壌水分計とは土の中に含まれる水分の量を計測する機器のことです。測定方法は複数あり、主にTDR法、ADR法、テンシオメーター法などです。使用目的としては農業用や研究用など使い方はそれぞれです。今回は農業用のメリットを記載します。農業用に使用するとは主に畑の水分量を測り土壌の水分量を最適な状態に保つために使われます。土壌の水分を最適に保つことにより根腐れを起こすのを予防できたりします。また、水分が多く含まれている時、逆に、不足している時など時期、時間、場所を記録しておくと不足する時間の前に水を補給することができより最適な畑を保つことができます。このように常時土壌の必要分の水分量を保っていることができるので、野菜の育成を妨げることなく美味しく元気な野菜が採取できます。このような場面で土壌水分計は活躍しています。

土壌水分計の必要性とは

野菜や花などを育てる場合は、必ず水が必要になります。当然のことですが、どのくらいの水が必要になるかまで把握している人がすくないはずです。必要な水分は、野菜や花の種類によって異なり、さらに植える場所の土壌によっても水分調節の方法は異なります。土壌にもともとどのくらいの水分が含まれており、追加でどのくらの水分を補給してあげれば順調に育てることができるということがわかるのが、土壌水分計です。土壌水分計を使用すれば、植えようとしている土壌の水分量が確認できますので、追加で必要な水分量が分かります。つまり、野菜や花に適切な水分量が分かるということなので、野菜や花に最高の環境を整えてあげることができるということです。一般的な家庭菜園ではあまり使用されることはありませんが、業者などでは土壌水分計は必ず必要なものと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*