土壌の水分を測定する土壌水分計です

土の具合を調査する時に用いられる土壌水分計があります。それは土壌の乾燥や湿気の度合いを計る専門器機です。そこから土壌の状態が、理解出来ます。また多様な目的で利用される器機でもあります。その使用方法は、センサーを土壌に挿入するだけの簡単な操作です。そこから迅速に土壌の水分値が、測定出来ます。その土壌水分計は、多様な種類があります。それには、電池を必要とする種類や電池の要らない種類があります。またスイッチを押すだけで、簡単に測定が可能な種類が人気です。そこから購入価格が、多様に揃っています。ですから土壌水分計の購入には、通販から簡単にさがせる方法が便利です。その土壌水分測定の方法には、TDR法やADR法、デンシオメーター法があります。一般的にセンサーを土壌に挿入するTDR法の機器が多くあります。それらは主に演芸や農業にも活用がされている専門器機です。

営農者の必須アイテム・土壌水分計

作物を育てるには、それぞれ適した土壌の水分量があるとされています。かん水のタイミングをはかり、常にベストの状態で作物を育てるには土壌水分計が必要不可欠です。特に、作物の糖度を大事にしたい・根ぐされを防止したい・初めての営農で手探り状態からのスタートだという場合は必ず用意しておきたいアイテムの一つです。土壌水分計は、それぞれの作物向けのプロユース商品から、一般向けの商品、鉢植え用や簡易的な商品まで数多くのバリエーションがそろっています。価格帯は数千円台から電気抵抗式の数万円台の商品までがそろっており、スペックに合わせて異なっています。作物の種類や、検査する面積に合わせて使い分けを行うこともお勧めします。土壌水分計は、営農者向けプロショップや農機具販売店、工業系通販会社などで取り扱いがあります。またメーカーに問い合わせると販売店を教えてもらえたり、直販ができたりする場合があります。

土壌水分計の使用目的と方法

土壌水分計とは、土の中に含まれている水分量を計測する機器です。水の誘電率は土粒子と比較するととても高く、土壌の誘電率は含まれている水分量によって変化します。その誘電率の計測方法にはTDR法、ADR法というものがあります。誘電率と含まれる水分率の関係を前もって調べ、誘電率を土壌水分量に換算します。この2種類の方法は両方ともロッドと呼ばれる金属製の電極棒(これがセンサー部分になります)を土中に埋めて計測します。TDR法はロッドに与えた一定周波数の電磁波がロッドを往復する時間から誘電率を求めるもので、温度の影響を受けやすく、ADR法はロッドと周囲の土壌の電磁波の干渉反射の振幅数から誘電率を求めるもので、この方法は温度の影響は受けにくいといわれています。他にテンシオメーター法という素焼きのカップを土の中に埋めて計測する方法もあります。いずれにしても、土壌水分計という機器はとても専門的で一般には使用されないかんじですが、研究目的の使用はもちろんのこと、園芸でも使用されています。ハンディータイプのものもあり、土壌の水分量が計測できて植物に必要な水分がひとめでわかるといった使いやすいものも3000円前後で通販などでも購入することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*