おいしい野菜作りには欠かせない土壌水分計

土壌水分計とは、土の中の水分を測定する機器のことです。センサーを土壌に挿すだけで作物が育つのに適正な水分量がひと目でわかるので、農家や研究機関などで使用されています。ペン型のものや、コンパクトなハンディータイプのものが多いので、女性や高齢者でも楽に扱うことができます。作物は水を与えすぎてしまうと根腐れしたり、虫が発生したりと悪影響が出てきます。逆に土壌が乾燥しすぎると、しおれたり、枯れてしまったりと作物の成長を妨げてしまい、品質の良い作物ができません。土壌水分計を使用するメリットは、土壌の水分を最適に管理することができるということです。価格は3000円と安価のものから、100万円もする高価なものまであります。安価のものは、電池が不要で、初心者でも簡単に測定できるので、家庭菜園や園芸などに向いています。

植物の生育に活用できる土壌水分計

自然の土壌にはもともと水分が含まれています。土壌に生育する植物には通常80%以上の水分が含まれています。したがって植物が正しく生育を続けていくためには、土壌の水分の量を一定に保つ必要があります。人工的に土壌を作る場合には、この土壌水分を調整する必要があります。土壌水分量は、慣れてくれば素人であっても目安で計ることが可能ですが、正確に計るためには、専門の機器に頼るのが一番です。そのために活用できるのが土壌水分計です。計器にはさまざまな種類のものがありますが、素人の日常園芸などに使うものから、商売を前提にした作物の正常な生育のために用いるものまで、さまざまなものに対応したものがあります。また、計器の計量方式にもさまざまなものがあり、それぞれに長短があります。土壌水分計は植物を人工的を生育にさせるのに役に立つ計器です。

土壌水分計での測定のタイプ

土壌水分計は土に実在している水の量を計測する機器を指していて、製品ごとに用途が異なりますが、土壌にある水分を計測するばかりではなく、建築に使われる材木、コンクリート、お菓子、野菜または魚介類から作った食品などの水分を計るのに適しています。こういう機器の計測の仕方は複数のタイプがあって、電磁波が往復するタイムを利用した手段、電磁波の反射の振れ幅の差で計算する手段、カップを土壌に埋めて計測する手段が列挙されています。往復するタイムを使った手段と販社の振れ幅の差を計算する手段は手法こそは違いますが、調べる対象ごとに補正値を知る校正のプロセスが欠かせないというところが共通しています。カップを埋めて計測する手法はテンシオメーター法と呼ばれていて、決められたスパンごとに水の補給を行うのが重要になります。

土壌水分計には、持ち運びが出来るタイプのあるので、移動しながら数値を測ることも出来ます。 雨量計は「貯水型雨量計」と「転倒ます型雨量計」の2種類があります。 水位計には、河川の測定をするものやタンクなどの水位を測定するものがあります。 温室やビニールハウスは、気象観測グッズを活用することでこまめな管理ができ省エネ効果も上がります。 持ち運びカンタンな土壌水分計をご用意しております。